元カレ・元カノと復縁できますか?

つぶしていいニキビとだめなニキビ

あなたはニキビが出来たときに、ついつい触ってしまい手でニキビをつぶしてしまった事はありませんか?
そのためニキビを潰してしまった箇所が黒ずんでしまったり、クレーターになってしまったという事はありませんか。
ニキビはつぶしてはいけないものと、つぶした方がいいものがあるんです、
つぶしてはいけないものは、「赤ニキビ」といわれるニキビ部分が炎症を起こし、赤く腫れあがってしまったニキビのことです。
炎症を起こしていつ箇所を手や道具で触れると、雑菌も触れて刺激を与えてしまい悪化させる可能性が高いから、決してつぶそうとしてはいけません。
つぶしていいのは、「白ニキビ」といわれる毛穴に古い角質が詰ったために、皮脂が上手く外に出せずに盛り上がっている状態のニキビのことです。
なぜ白ニキビはつぶしてもいいのかというと、皮脂がうまく外に出せずに、ニキビになっているので、その原因の古い角質を取り除けばニキビは解消されるからです。
もちろん手で触れてはいけません。手についた雑菌が白ニキビに触れて、炎症を起こしてしまう可能性があるからです。姉に教えてもらったニキビ跡消すクリックしてみてください。

 

そして、手で触れるとニキビ以外の箇所にも余計な力が肌に加わり、色素沈着の原因になるからです。
ニキビをつぶすには、専用の器具があるのでそれを使用して古い角質を取り除いてください。
器具は慣れるまで、少し扱いにくいです。
私は慣れるまでに、余計な力を肌に加えてしまい古い角質だけでなく、余分な皮脂なども取り除いてしまい、ニキビを悪化させてしまった事もありました。
器具が上手く扱えない方は、皮膚科で専門医に取り除いてもらうのが一番良い方法だと思います。
つぶしてはいけないニキビとつぶしていいニキビを見極めて、理想の肌を手に入れましょう。